test

これはてすとこれはてすとこれはてすとこれはてすとこれはてすとこれはてすと

 

これはてすとこれはてすとこれはてすと

 

これはてすとこれはてすとこれはてすと

 

これはてすとこれはてすとこれはてすとこれはてすとこれはてすとこれはてすと

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

急遽、生産者さん新規開拓をすることになりました

3連休の最終日ですね。

こちらは今日大型ゴミの日で

去年壊れたサブの電気ストーブを出してきました。

サブというのは…石油ストーブがメインだからです^^

 

 

石油ストーブはお湯も沸かせるし、

カレーも煮込めるので重宝します 笑

食パンも焼けるし…焼き芋も…

 

 

これ以上ストーブグルメを言うと

ドン引きされるのでこのへんで本題に。

 

 

 

そんな冬の訪れをそろそろ感じるこの頃。

急遽自分のネットショップや

コンサルティングしているショップで販売する

農作物の生産者さんを開拓することに。

この機会に農業販路開拓にも拍車をかけようと…。

 

 

今までの農家さんでは出荷が大変になり

他の農家さんから出荷しようと

生産者さんを探すのですが、ネット販売への理解を

まず説明して、出荷する時のことなどを説明して

交渉して…

 

 

ということをしますが

勿論新規開拓で私のこと知りませんので

どこまで信用していただけるかと、歩み寄れるかが

重要ポイントになります。

 

 

この機会に、取り扱い品目も増やしてみようかな

など考えています。

新しいことするのに最初は色んな障壁があると思いますが

信頼関係を築きながら生産者さんもお客様も喜ぶ関係の

橋渡し役ができればと思います^^

 
また何かありましたらメルマガ限定で報告しますね

プライベートなことや秘匿性の高いことは

メルマガ限定にしています。
素敵な一日をお過ごしください

 

ご近所から覗かれるストレスがある田舎暮らし

田舎暮らしでも都会暮らしでも

ご近所トラブルはつきものですが

都会以上に悩みが深い悩みがあります

 

特に移住者にとってはストレスが

大きくかかります。

 

そう、覗きです。

 

家の中においている物を知っていたり

(ソファーとか色々)

 

いや、、、もちろん、

悪気があって覗いているつもりはないけど

嫌な気分になりますよね

 

全員がそうではないですが

田舎の人が普通と思っていることでも

都会の人から見た【覗き】レベルのことは

移住者の不満からよく言われます。

 

通りがかりに見えたというけどマジマジ見ないと見えないところまで

ジロジロ見ている人もいて、日中家にいる主婦の方は

庭に出るのも嫌だと、ストレスで病んでしまうことも。

特に年配になると気づかずにしていることですので

敷地に入るのも平気だし、洗濯物がどうのとか

プライベートにズカズカ入ってきてどこどこに言ってたとか色々

監視されている気分になり窮屈になります。

 

田舎暮らし関連の情報コミュニティーで拝見した中にありましたが

警察に相談したら笑って流された人もいるようです。

 

なので、気にする方は田舎暮らしの物件を探す際に、

近隣から家がどう見えるかなど

意識しておくとストレスから回避されます。

 

見られると嫌なのでカーテンを閉め切ってると、

カーテンを閉め切って…のようなこと言われるので

軽く中を見られるので…と言っても全然悪いこととも思っていなく

逆に神経質な都会のもんだ!と言われることも。

 

悪気がないので、怒りようもなく伝えようもないので

一人ストレスを抱えることになります。

心配で気にかけてもらえてると考えて

あんまり気にしないことが一番の方法ですが

気に病んでしまうようですと、近隣が何もない状態のほうが

安心はできますし快適な田舎暮らしが送れます

 

 

 

田舎の住まいの水道料金は都会より高い?安い?

これから田舎暮らしを始めるのに

田舎の物件価格を重要視するだけでなく

光熱費を計算しておくことをオススメします

 

田舎は光熱費が高い

いやいや安いでしょ?と言われますが

果たしてどちらでしょうか?

 

田舎と言っても

住む場所によって様々ですので

事前調査しておきましょう

 

例を出すと沖縄の離島ではほぼ海洋深層水の

ウォーターサーバーを設置していたり

逆に、水が豊富な山のほうですと

 

水道の蛇口の数×単価 の物件もあります

 

とある地域の話ですが、

 

家の蛇口1つ当たり200円

4箇所蛇口があり、1か月使い放題で800円です

(単価は今は違っているかもしれませんが、平成22年頃の話です)

もちろんそのお宅の水道水は蛇口からそのまま飲める美味しいお水です。

水が豊富で今まで、水不足になったことはないと話してました。

 

しかし…冬は雪深いですし、湿気も多い所です

田舎

また、下水管が引かれていないところは負担金は上水道の料金だけになりますので

水道料金自体は安くなりますが、汲み取りトイレの汲み取り料金が発生します。

あとから下水がつながった地域でも、自治体によっては割高になるところもあります。

 

 

さらにいうと、暖房費もすごくかかる物件もあります。

古民家では断熱材がなく天井も高く空間も広く、

コンクリートの土間がある場合は非常に冷えて寒いので

なかなか部屋が温まらず、暖房燃料代がかさみます。

 

 

ですので、田舎の物件でも場所により水道費や暖房費が変わりますので

格安物件だ!と飛びついても予想外の出費になることもありますので

最初に四季を通した光熱費のチェックを怠らないようにしましょう。

父娘愛の脱サラUターン農業物語

いつも利用する田舎のスーパーには
決まった曜日に野菜直売所コーナーがあり
大体同じ生産者の野菜が並びます

20131030-025745.jpg
今日は白ネギが多かったです。
細めの白ネギを買いました(^-^)
あとは、秋の味覚の柿も販売されていました

20131030-025930.jpg
この野菜生産農家さんの中に
脱サラして農業をした方がいて
個人的にその方の野菜をよく購入します。

 

その理由に、娘さんがお父さんの作る小麦や野菜で
ケーキ作りをしたいと、Uターンされて
親子共々脱サラをしていて、その娘さんのケーキが美味しくて
ファンだからです。

 

親の作る素材でケーキやクッキーを作る仕事。
田舎の田園風景を眺める事ができる
カフェを作りたいと娘さんは言ってましたから、応援するものの1人です。

 

ただ、野菜を作って売るだけでなく、加工して、付加価値をつけて販売する
第6次産業はこれからの農家さんにも注目ですね^^

 

田舎の引っ越し挨拶回りはどこまでするのが常識?

田舎暮らし情報館のメールマガジンの

読者さんで、念願の田舎暮らしが実現したという

報告を受けました^^

 

私と同じく女性が単身で。嬉しいです。

 

私はその県には行ったことがなくて…

機会があれば家族で温泉旅行に行った際に

お会いできるといいなーなんて

楽しみが出来ました♪

ネットのつながりも素敵ですね

 

 

さて、その中で頂いた相談があります

それは引っ越しの挨拶回りです。

やはり、風習によっても自治体によっても違うので

一概にこれが正しいよというのは言えませんが

私自身が地元の人に教えてもらい実践した方法を説明します。

これから田舎暮らしを始める方は参考にしてください

 

田舎の引っ越し挨拶回りはどこまでするのが常識?

 

まず、役場に行き、町内会を調べてもらい、町内会長さんを紹介してもらい

引っ越し日時を前もって連絡します

前もって連絡する理由には、田舎の集落、町内会は

ご近所付き合いを大切にしているところが多いので

いきなりトラックを乗り付けてきて荷下ろしをしていると

すごく怪訝に思うからです

 

どこの誰が何しに引っ越してきたか

家族は何人いるか、どんな仕事をしているか

 

こういった基本情報は先に知っておきたいのです。

ですから前もって町内会長にいっておくことで、既に紹介は行き届いていますので

受け入れられやすいのです。ここで、めんどくさいなーと思うかもしれませんが

人口の少ない街ではどんな人と付き合うかというのは重要ポイントですので

お忘れなくです^^;若い世代に変わっている場合はさほどそんなことありませんが

高齢者が多いところですと、とってもとっても気になることですので気持ちを汲んだ方が

スムーズに進みます。

 

町内会長に連絡をした際に、挨拶回りをだれにしたらいいかをおしえてもらいましょう。

集落の長のような人が要るようであれば、その人がお隣さんではなくても

挨拶をしておくのがベターです。何かと世話をしてくれるので助けられることが多いです。

その他、隣、前、裏でいいのではないでしょうか?

ちなみに…私は未だ向かいの人とは会った事がありませんが…。

近所の人によると、人付き合いは一切しない人のようです。

そういう人には無理にしなくても大丈夫でしょう。

 

町内の集まりなどで顔を合わせた時に挨拶する程度で構わないと思います

 

 

あと手土産ですが、田舎の風習ではもらったものは何かでお返しするという

ところが多いので、相手に気を使わせるような効果なものは控えたほうがいいですね

普通に日用雑貨とかが無難ですが、風習により何かあるかもしれませんので

徹底するなら 【◯◯県 挨拶風習】などで検索すると意外なことが

検索できるかもしれませんね

結婚式にも習わしがあるように、それぞれの暗黙のルールがあるかもです。

精神的に気に病まない程度に意識すると、喜ばれるかと思いますが

あまり神経質にならないようにお気をつけ下さい

 

『だから都会のもんは…』とちょっと陰で言われる程度です 笑

 

ッて言われたくないから

 

相談しているんだけど…という感じですよね^^;

でも正直、全てを合わせると、自分の実が持ちませんので

悪気のない陰口言われるくらいは覚悟でいたほうがいいです^^

そう、悪気はないと思いますので。

 

 

 

 

読者さんと田舎暮らしコミュニティーが出来そうです

いつも田舎暮らし情報館ブログを

お読み下さりありがとうございます!

ブログとは別でFacebookや

メールマガジン読者さんと

田舎暮らし情報の交流を結んでいますが

 

メールやブログだけでなく

実際にお会いするともっと

現実的な田舎暮らし情報の交換が

出来るんじゃないかと思い

 

お茶会をしないかとアンケートを取った所

多くの方が興味がある!参加したい!と

メッセージを頂きました。

 

田舎暮らしに関する情報をもっと知りたい

リアルな声をいろんな方々と共有したいという

お声が多く、今から田舎暮らしをしたいと思っている人が

どんな悩みを持っているか共有したいとのことです

私と読者さん、ではなくて

この田舎暮らし情報館ブログがキッカケで

読者さんと読者さんの交流が生まれるなんて素敵です。

 

 

ぜひぜひ実現したいと思っているので

これからもメールマガジンで呼びかけますので

参加してくださいね!

 

一番最初の回は大阪になりそうですが

私自身が出張に出たり旅行に出た時には

お声掛けしますね♪

 

田舎暮らし情報ブログをお読みくださる方と

実際にお会いできることが楽しみで仕方ないです!

報告などはFacebookでお知らせします

 

詳しくは Facebookを御覧ください

いいねを押してくださいますと

更新時にタイムラインに表示されますので

ご確認いただけます^^

 

少人数で限定で開催していく予定なので

待ち合わせの場所や

日時などはメールマガジンで告知しますので

下記の無料講座にお申込下さい^^

出来ましたら携帯は届かないことがあるので

携帯のアドレスではなく

パソコンのアドレスでお願い致します。

 

 

田舎暮らしコミュニティーが生まれることワクワクします!!!

 

 

 

夢の田舎暮らしを仕事が無いと諦めるな!

私の仕事、というかミッションとして

真剣に取り組んでいることがあります。

そう、多くの企業が海外進出をし

それによる打撃を受け、衰退した

製造業の田舎の企業の復活です。

 

ものづくり精神

 

IT化した現代、日本のものづくりは

ドンドン技術が低下してしまう一方

情熱を持っている人もいます。

 

その情熱の火を消したくない。

 

無駄な努力?いや、諦めたくない。

とにかく一生懸命やってみるのみ。

後悔は後でしよう。

 

そんな感じでとにかく四苦八苦しながらも

盛り返すために日々戦っています。

もちろん時代の変化に合わせることが必要。

古き良き時代だけでは無理。

 

 

 

諦めるのは簡単で楽。

でも諦めたら人生つまんない。

私という人間もつまらなくなってしまう。

 

 

日々チャレンジしています!

こうやって自分だけではない人生に

情熱を注げるのは

やっぱり私も『人』に助けられ支えられていることを

ちゃんと理解しているから。

 

自分だけでは出せない力、

それが人が加わるとすごいパワーがわきますよね。

素晴らしい。人間って。

 

 

あなたも情熱を持って田舎暮らしの夢を叶えて下さい。

 

田舎暮らしするにはなかなか簡単ではないかもしれません。

人によって環境や立場が違います。

 

田舎暮らしをするのに仕事がない、

生活に不安が…

家族に反対されている…

 

色いろあると思いますが

自分で生み出し、そして信頼を得るものを

見せて安心してもらって下さい。

それまでは苦しいかもしれません。

 

でも、

必ずよい結果になって返ってきます。

 

柿の価格が大暴落だった農家さんのお話

2年前に、柿農園の方に依頼されて

ネットで販売をしたことがあるのですが

その時に、すごく好評だったんですね

 

しかし、一方では、同じ年に

柿が豊作になりすぎて、市場にも

あふれていて捌けないからもう持ち込むな

 

と、言われたそうです。

生産者の嘆きですよね…

実ったものの売り先がない。

これは大変なことです。

 

しかも豊作で価格も大幅下落。

1コンテナありえない価格で

この1コンテナ収穫するだけでも

時間かかるし、摘芯、摘花している手間も

含めたら、、、時給なんぼの世界!?

 

というような驚きの低価格でした…

これは本当にまずいですよね。

しかもその柿は渋柿でして、

ドライアイスにして、食べ頃になると

1週間も持たないのです。

 

だから市場も持ってくるなと言うんですね。

その点私はネットで販売していたので

真っ当な価格で、販売することが出来ました。

農家さんもすごく喜んでいらっしゃいました。

 

このように1箇所の販路だけでなく

大きな販路を開拓しないと、その地で豊作になると

本当に売り先に困るようです。。。

 

しかも、卸だと値段が最後にならないと

わからないのもネックですよね。

そういう私は直売所で都会に住む友達に

6個130円の柿を購入したことは内緒です。。。。。

個人農家さんの庭先で実った柿で

きっっと食べきれないから出品したものだと思います。